ビルドメシア

――創造
とは
戦争だ――

あらすじ

その落石を、人々は様々に呼んだ。

世界の終焉(Apocalypse)神の怒り(GodRay)――あるいは。

まさしく人智を超え、人類歴史など取るに足らないものだと嘲り笑うかのように、大陸を破壊し、戦争を呑み込み、

星霜経とうともその焔は消えずにいる――楽園の約束(Cherubim)

もう一つ、人々はコレをこう呼ぶ。

最も彼らの印象が直接表されたかの如く――

星鎚(Inferno)」。

一九十九は、幾百過去の星鎚の光景を何度も夢に見ていた。

裁きの下りし後、唯一無二のユートピアと化したその諸島で、「天糸」に紡がれ平和に暮らす人々……

それに紛れる平和と青春を謳う自身の瞼の裏にはいつも、星鎚が貼り付いていた。

首を振り、眼を開け彼は口にする。

「新しい生活の始まりだ!」

都市のある本島を離れ、神鳴島の学園、神鳴学園に転入することとなった彼は意気揚々としていた。

特に何か目標があるわけでもない――だけど自然とワクワクしてしまう。学園とはそのような場所のはずだと。

そう、時が流れるままに、自分の求めた時間を。

青春を謳歌するのだ――

「ようこそ! 此処がBM部、
部員さんの青春の座です!(←便座を指差しながら)」

過去を受け継ぐ剣道少女・刕園。

自信満々な才媛の妹・風浦。

何かを見詰める部長・階文。

2人の転入生・九十九と咲羅。

――これは、少年少女の、戦争的創造青春記(Inferno-Tale)

BM部、盃出開始(mandalize)!!

  • ― どうして、小生はリビングじゃなくてトイレでミカンをむいてるんだ…… ―

    NINOMAE 九十九TSUGUMO

    • 称号:インフェルノウスベンジョメサー
    • 聖食:探し中

     本作の主人公。記憶が無い、親が分からない、など自分自身手に負えない様々な厄介不明瞭な事情を抱えながらも、ポジティブに学園生活を謳歌しようと神鳴島にやって来た転校生。

     ニコニコな容貌と素直な性格で、即行でクラスメイト達と仲良くなる。しかし世界のタブーである「星鎚」を突発的に錯視する、異常な悩みは基本的に明かさない。

     悩みを振り払えるくらいに打ち込める場所を求めて部活を探していたところ、運悪くBM部に絡み取られる。

  • ― その……九十九……いっしょに、いて…いてほしい…… ―

    陌阡ヶ咲HOCHIGASAKI 咲羅SAKURA

    • 称号:ブロッサムベンジョメサー
    • 聖食:探し中

     本作もうひとりの主人公といっていい、九十九の一歳下の女子。元々都市で暮らしていたが、九十九と同じタイミングで神鳴島にやって来て、何やかんやで九十九と同じBM部に所属することになる。

     医療の退化した世界では太刀打ちできない突発性の様々な症状のために、家や病院で寝かされる日々を過ごしてきたせいか、極度のコミュ障。現在もマトモに学園に通えていない状況だが、代わりにBM部が訪問してきて共に活動しているため本人的には充実を感じている。

     九十九と同様に物語創作の趣味を持っており、その趣向はとても公には云えないもの。

  • ― 手前の好敵手は、いつであっても片割れ以外に有り得ない ―

    彙障IZAWA 刕園RION

    • 称号:セイバーベンジョメサー
    • 聖食:軽食全般(手に持って食べる系)

     BM部の一員で、風浦の幼馴染み。そして九十九とは亰極流剣術を磨き合ったライバル関係(※一方的)である。

     この物騒無縁となった世界で物騒なものを携帯してるのは非常に珍しく、密かに奇人扱いされているが、素行は別に悪くない。剣術以外はほぼからっきしな感じで、赤点すれすれこそ彼女の歩き続ける修羅の道。

     九十九が帰ってきてからは、空白を埋めるかのように高頻度の奇襲からの合同稽古で九十九を大変困らせる。

  • ― にーちゃんが料理したらボク全力で泣いてやるからね ―

    虹果NIJIHATSU 風浦FURA

    • 称号:レインボーベンジョメサー
    • 聖食:お弁当(自作)

     BM部の一員で、九十九の妹ポジション。ただそういうキャラ付けというだけでなく、突如現れた九十九という存在を迎え入れた関係で、本当に二人にとっては兄妹みたいなもの。

     九十九が都市に移動するまでは特技の競りに没頭、それからも特技を開発し続けた結果学園では屈指の秀才ポジションを確立した。

     九十九が帰ってきてからは、彼の独り暮らしを跡形も無くブレイクする勢いで朝起こし、朝食作り、お弁当作り、一緒に登校する日々を謳歌している。

  • ― 部長はBM部の、研ぎ澄まされた跳躍を期待するです ―

    ADUMA 階文 CINNAMON

    • 称号:???
    • 聖食:???

     九十九の一学年上の先輩で、BM部の部長。学園にワケ分からん組織を作った張本人であり、九十九たちを絡め取ってしまった主犯。

     何でもできる風浦以上に何でもできちゃう才女であり、だからこそ学園は彼女の奇行に狼狽の色を隠せない。

     いちいち発言が思わせ振りでミステリアスな雰囲気を漂わせる一方、身長通りのチャイルドライクな一面もよく見せる。

再造せられたる生命の眼を以て。

――北村透谷『内部生命論』

作品情報

ビルドメシアポスター縦

作品
タイトル

ビルドメシア

作品
ジャンル

少年少女の戦争的創造青春記

作品
ジャンル
詳細

  • 学園ラブコメ
  • 日常もの
  • SF
  • 便所飯

年齢
制限

なし(推奨年齢15歳以上)

作者

ぢだぱぢぴぢぱぢ

挿絵

ぢだぱぢぴぢぱぢ

ウェブ
制作

爲貝

コピー
ライト

スタジオメッセイ

備考

  • ※本作品は小説投稿サイト「小説家になろう」にて配信している重複投稿作品です。
  • ※背景など、ビジュアル要素の一部(というか大半?)にはフリー画像が使用されています。当然ではありますが、スタジオメッセイはそれら元素材の著作権を持たないし主張もしません。